シングルパパ、Big Daddy、時々旅人

会社では多くの部下のBig Daddy、家では二人の子どもをワンオペで育てるシングルパパ。そして趣味は海外旅行。人生に福あり。

嫁さんの病気のこと 11 自宅での最後の3日間

体力は弱っても、口と気は強いまま。介護用ベッドには絶対に寝ないと、3分くらい掛けて階段を上り、これまでのように二階で寝ることに。この根性はさすが。

 

やっぱり嫁さんは、我が家の太陽。家の中がパッと明るくなり、子どもたちも猫たちも嬉しそう。久しぶりの一家団欒は、それが永遠に続くように思えた。

 

自宅に戻ってきた日の2日後には、嫁さんが楽しみにしていた娘の部活の県大会がある。病院の先生からは体調を見つつ判断して下さいと言われていたが、嫁さんはほぼ諦めていた。「今回は我慢して、次の機会に行けばいいか」と言っていたが、”次の機会”があるかどうかは分からない。娘が出る試合の時間に合わせて、とんぼ返りで行くことにした。

 

県大会の会場は、車で1時間半の距離。ちょっとしたドライブを嫁さんは楽しんでいる。大会の会場に到着し、駐車場から肩を貸して歩いて体育館に向かう。体育館に入った直後に、ちょうど娘がメンバーとして試合に入ってきた。嫁さんは大きな声で娘の名前を呼び、精一杯応援した。体力が心配だったので、1試合だけ見て、会場を後にした。嫁さんは満足気だ。

 

f:id:Izumin_Japan:20180217214855j:image

 

帰りに干物屋に寄って、タコの塩辛や何種類かの干物を買い、高速道路のサービスエリアで昼ご飯を食べた。嫁さんが食べたのはリンガーハットの長崎ちゃんぽん。その後にサービスエリアのコンビニでカフェオレを買ってきて欲しいというので、ホットのカフェオレを買っていったところ、「コーヒーっていったら、アイスに決まってるやん!」と怒られた。奥さん、今は寒い寒い1月ですよ〜。

 

この日の夜は、ささやかながら自宅で娘のお祝い。いつものスパークリングワインとお刺身が美味い!嫁さんと一緒に酒を飲み、タバコを吸い、楽しい時間を過ごした。

 

あれだけ介護用ベッドでは寝ないと言っていたのに、この日は「足が痛いから、ココで寝る」とのこと。早く病気を治すには体力が必要だと言って、腹筋マシンを足でバタバタしていたし、久しぶりの外出で疲れたんだと思って、何も疑わなかった。

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ
にほんブログ村