シングルパパ、Big Daddy、時々旅人

会社では多くの部下のBig Daddy、家では二人の子どもをワンオペで育てるシングルパパ。そして趣味は海外旅行。人生に福あり。

【子連れ海外旅行】タイのニューハーフショーに子連れで行ってみた!子どもでも大丈夫?

2017年8月某日 タイ・バンコク ニューハーフショー「カリプソ」

バンコクは学生のバックパッカー時代に来たっきり。24年ぶりのバンコクは、すっかり近代都市になっていました。タイの楽しみといえば、タイ料理とニューハーフショー!ということで、ベルトラで「カリプソ」の夕食付のニューハーフショーを申し込みました。会場のチケットブースで払うと2,000バーツだけど、ベルトラのサイトでは1,500バーツ。一人500バーツ(約1,500円)も安くなりました。おトクですね~!

 

会場はナイトマーケット「ASIATIQUE The Riverfront」内なので前後の時間も遊べる!

f:id:Izumin_Japan:20180227232429j:plain

たくさんのショップが並びます。観光地価格ですが、もちろん値段交渉可!

チャオプラヤ川沿いにある大きなナイトマーケット「ASIATIQUE The Riverfront」の中にニューハーフショーの劇場があります。マーケットといっても、お店は全て隣接する立派な建物の中で、日本の郊外型のアウトレットモールのような感じです。色々なお店やレストラン、スパなどがたくさんあって楽しいので、ニューハーフショーの始まる時間のかなり前に到着しても楽しめます。

 

いざ、会場へ

f:id:Izumin_Japan:20180303122712j:plain

入口で撮った写真は後で買うことができますが、これはガイドさんに撮ってもらいました

ニューハーフショーの前に、タイの民族舞踊を見ながらの夕食です。有名なタイ料理のセットメニューで、味はまずまず。わざわざこれを食べにくる感じではありませんが、民族舞踊はまあまあ楽しめました。ニューハーフショー前の前座だと思えば悪くないと思います。でも、次回はニューハーフショーだけでいいかな。

f:id:Izumin_Japan:20180303124012j:plain

時計回りに、サテ(串焼き)、タイ風薩摩揚げ、野菜の炒め物、グリーンカレー、トムヤンクン

f:id:Izumin_Japan:20180303124336j:plain

夕食後の踊り子さんたちとの写真撮影タイム

 

いよいよニューハーフショーの劇場へ!

f:id:Izumin_Japan:20180303124450j:plain

適度な規模の専用劇場で、ほぼ中央の前から二番目でした

f:id:Izumin_Japan:20180303130937j:plain

飲み物が1杯無料です。父ちゃんはジントニック、こどもたちはコーラとスプライト

待ちに待ったニューハーフショーの会場は、三階のかなり本格的な専用劇場。ラッキーなことにほぼ中央の二番前の座席でした。夕食を一緒に食べていた人たちが全員前の席だったので、夕食付プランが優遇されるのかもしれません。日本語係員さんが写真は撮っても構わないと仰るので、カメラ片手にスタンバイ。ドリンク一杯付だったので、大人はジントニック、子どもたちはジュースをお願いしました。お酒は生ビールも選べます。

ショーが始まりました!

いざショーが始まると、全員が男性であることを忘れるくらい一流のエンターテイメントショーで、見入ってしまいました。一部コメディのようなものもありますが、その年の春休みにラスベガスで見たショーにも引けを取らない華やかさ。圧倒的なスケール感で、鳥肌が立ちました。殆ど言葉が必要ないので、子どもたちも楽しんでいました。

f:id:Izumin_Japan:20180303131810j:plain

さてニューハーフショーの始まりです!

f:id:Izumin_Japan:20180303131950j:plain

ビヨンセはクオリティ高いです!

f:id:Izumin_Japan:20180303132026j:plain

後ろのカリプソボーイズ(全員男だけど...)の覇気が足りないような

f:id:Izumin_Japan:20180303132150j:plain

昔の香港映画風のストーリー

f:id:Izumin_Japan:20180303132301j:plain

だんだんとニューハーフであることを忘れてしまいます

f:id:Izumin_Japan:20180303132348j:plain

華やかなフィナーレ

ビヨンセとレディーガガのショー、香港映画風のハードボイルド物語、韓国のアリラン、日本の芸者コメディを挟みながら華やかなショーがテンポ良く続きます。最後のフィナーレはパリの一流キャバレーショーのようなゴージャスさ(言い過ぎかも)。娘はニューハーフたちの脚のキレイさに嫉妬し、息子はただただ唖然…。90分のショーは、あっという間でした。

最後のお楽しみはカリプソガールズとの写真撮影

ショーが終わると、カリプソガールズとの記念撮影のチャンス。中学生の娘が気に入ったというキレイなオネエさんたち4人と写真を撮りました。オネエさん1人につき40バーツ(約120円)のチップが必要ですので、この日までに20バーツ札をためておくといいでしょう。

f:id:Izumin_Japan:20180303133222j:plain

娘はご満悦、息子は顔が引きつっています....(笑)

f:id:Izumin_Japan:20180303133310j:plain

全員が男性だと分かっていますが、ニンマリしてしまいます

 

総評

ニューハーフショーというとおちゃらけたイメージがありますが、本格的な本気のエンターテイメントです。いやらしらはないので、子連れでも問題ありません。子連れバンコク旅の際に見に行って損はないと思います。また見に行きたいです!

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ