シングルパパ、Big Daddy、時々旅人

会社では多くの部下のBig Daddy、家では二人の子どもをワンオペで育てるシングルパパ。そして趣味は海外旅行。人生に福あり。

【シングルパパの手料理】ひな祭りはいつまで祝うの?娘はいつまでも僕のプリンセスです💖

今日のメニューは、ちらし寿司、ローストビーフサラダ、豚スペアリブのパクチー焼き、蛤椀、ロールケーキ、イチゴ 家族の記念日を何より大事にしていた嫁さんの意思を継ぎ、子どもたちの誕生日やこどもの日、クリスマスなどはご馳走を作って祝うことが我が家…

【シングルパパの手料理】5日間でアジア5ヶ国旅行!料理で旅するアジアン・ウィーク

毎日の料理が面倒...。なら、気持ちを入れ替えて楽しく料理しよう! 仕事・家事・子育てを一人で行うワンオペのシングルパパなので、日々の料理は義務(責任?)です。いくら毎日作るものが決まっているといっても、特に仕事が忙しい時期は会社から帰宅後に…

【子連れ海外旅行】タイのニューハーフショーに子連れで行ってみた!子どもでも大丈夫?

2017年8月某日 タイ・バンコク ニューハーフショー「カリプソ」 バンコクは学生のバックパッカー時代に来たっきり。24年ぶりのバンコクは、すっかり近代都市になっていました。タイの楽しみといえば、タイ料理とニューハーフショー!ということで、ベルトラ…

【シングルパパの手料理】今すぐ出来る!使い道のない海外の調味料で激ウマ唐揚げ!!

こんなのです。家にあったりしませんか? 海外で買ったり、お土産でもらったりしても、なかなか使いません 海外に行くと、やたらスーパーマーケットに行きたくなります。日本で見かけない調味料がたくさんあったりするので、何かいっぱい買ってしまいます。…

【つぶやき】ストレスに押し潰されないように、ストレス耐性を強くする

大好きだった嫁さんを亡くし、心に大きな穴が空きました。親族の死はこれまでも経験してきたけど、それとは全く違います。自分の半分が無くなったというか、目に映る色が半分になったというか。心がズタズタになり、自分は何のために生きているのかと繰り返…

【つぶやき】死別したシングルパパの再婚について

あんなに大好きだった嫁さんが永遠の旅に出てから、2年余り。サラリーマンをしながら、一人で家事と子育てをしているので、大変なのは事実である。会社でみっちり仕事をした後に、満員電車で家に帰り、晩御飯を作り、子供たちに食べさせ、息子と一緒に風呂に…

【子連れ海外旅行】タイの床屋で240円で息子の髪の毛を切ったら、タイ人になった(笑)?!

2017年8月某日のタイの流行ってない床屋にて いかにも客が来なさそうな床屋に入店 自分がバックパッカーだった頃は、旅行中に海外の床屋で髪を切るのが当たり前で、その度に変な髪形にされるのが恒例行事でした。この度、髪の毛が伸び切ったままで旅行に来て…

【子連れ海外旅行】子どもと一緒に世界のショー&エンターテイメントを体感してみた! *アメリカ編

海外で子どもの五感を刺激しよう! せっかく子連れで海外に行くので、そこでしか見れないショーやエンターテイメントを出来る限り子どもたちと一緒に体感するようにしています。まずは自分が見たい!というのが前提ですが、子どもたちの五感が刺激され、人格…

【子連れ海外旅行】子どもと一緒に実際に海外で泊まってみて、良かったホテルTOP10(6位~10位)

ホテルの良し悪しで子どもたちの旅行の評価が左右されることも。実際に宿泊した中から子ども目線で良かったホテルをご紹介します。 ※1~5位はコチラ 6. アメリカ/ラスベガス Treasure Island Hotel & Casino 昔やっていた無料の海賊ショーは終了していました…

【子連れ海外旅行】子どもと一緒に実際に海外で泊まってみて、良かったホテルTOP10(1位~5位)

子どもたちと一緒に海外を旅してきて、とにかくホテル選択には細心の注意を払ってきました。実際に宿泊した中から子ども目線で良かったホテルをご紹介します。 ※ホテルの選択基準はコチラ 1. 中国/上海 Toy Story Hotel ホテルの中は自分がおもちゃサイズに…

【子連れ海外旅行】子どもと一緒に海外で泊まるホテルはどう選ぶ?

子どもの気まぐれに対応できるホテルを選ぶ 海外というだけで気掛かりなことが多いのに、子連れとなると悩みは尽きません。最適なホテル選びは子どもの年齢にもよりけりですが、海外で子どもは急に体調を崩したり、機嫌が悪くなったり、時差の関係で眠れなく…

【ワンオペ生活】嫌いな洗濯をどう攻略するか?「父ちゃん、パンツが無い!」を防げ!

ワンオペで家事と育児をしていますが、好きな家事は「料理を作ること」だけ。その料理も毎日となると、やっぱり面倒になります。そもそも嫌いな洗濯は、どうやっても嫌い。ワンオペになって最初の頃は洗濯ものを溜めに溜め、子どもたちから「父ちゃん、パン…

【ワンオペ生活】Amazonの「定期おトク便」に助けられてます! *重く・かさばる食料品は届けてもらいましょう

買い物は日曜日に週1回だけなので、だいたい大きなクーラーバック2個がぎっちりになり、重さが10kgを超えます。生鮮食料品ならまだしも、保存が効く食料品はそんな時には買いたくないもの。ということで、重く・かさばる食料品はAmazonの定期おトク便を使っ…

【ワンオペ生活】Amazonの「定期おトク便」に助けられてます! *男親一人の家と思えない優雅な香りの柔軟剤

嫌いな家事といえば、洗濯。嫁さんがいた時は「それって洗濯機に入れて、"ピッ"てボタンを押せばいいんでしょ?」と思ってたけど、まずは洗濯ものを干すのが面倒だし、畳むのが一番面倒。いつも嫌々やってるのに、洗剤が切れてたりすると、もうやる気ゼロ。…

【ワンオペ生活】Amazonの「定期おトク便」に助けられてます! *とにかく使える強炭酸水「VOX」

ワンオペのシングルパパゆえ、買い物は週に1回だけ。それじゃなくても1回の買い物の量が多いので、重いものや大きなものは出来る限り避けたい。あと、洗剤とかって買うのをすぐ忘れて、夜中にドラッグストアに買いにいくことも度々。そんなワンオペの悩みを…

【シングルパパの手料理】アジアンウィークの5日目 *シンガポール料理

シンガポール料理を作りたかった訳ではなく、海南チキンライスライスはとにかく簡単に作れるので、2週間に一度は作ってます。シングルパパ の味方のメニューです! 左から、 海南チキンライス イェン・ター・フォー 海南チキンライス 作り方はとても簡単。米…

【シングルパパの手料理】アジアンウィークの4日目 *タイ料理

タイ料理は平日のランチで月に2〜3回は食べるほど好きなのですが、子どもたちがイマイチ好きじゃないので、家では殆ど作りません。タイに旅行に行った時も子どもたちはパスタや和食を食べたがったし、タイ料理好きの父ちゃんとしては寂しい限り。今回は辛く…

【シングルパパの手料理】アジアンウィークの3日目 *韓国料理

学生時代に韓国料理店で4年間働いていたので、韓国料理はお手の物です。さすがにキムチはもう漬けられないけど、4年の間に体が覚えたことは、なかなか忘れないものですね。昨日何を食べたかも思い出せないことが増えてきたのに…。 左上から 豆腐チゲ(子供用…

【シングルパパの手料理】アジアンウィークの2日目 *インドネシア料理

ハネムーンも初めての子連れ海外旅行もバリ島だったほど、インドネシアのバリ島は大好きです。その理由の一つが料理。タイ料理ほどのパンチや華やかさはなく、中華料理ほどの種類もないのですが、素朴で何となく落ち着きます。恋人ではなく夫婦という感じで…

【シングルパパの手料理】アジアンウィークの1日目 *フィリピン料理

料理が得意とは言え、調理時間30分以内で作れるメニューはある程度似たものが多くなるのが事実。そこで目先を変えて、アジア各国の料理を毎日1カ国づつ作ってみることにしました。 月曜日は出張で行くことが多い、フィリピン。 日本と同じく白ご飯をこよなく…

【シングルパパの手料理】買い物は週1度、日曜日に1週間分のメニューを決めて、毎日の調理時間は30分!

仕事・家事・育児の三点セットを一人で背負うシングルパパ(働くママさんたちも同じですね)が毎日毎日ご飯を作るのは大変です。僕は初めのうちは失敗ばかりで、"無理~(泣)!"と思っていましたが、試行錯誤しながら今のやり方に落ち着きました。 予算は1日1…

【子連れ海外旅行】バリ島 2018年1月 *現地発のオプショナルツアーを使うと旅が充実!

学生の時はバックパッカーで、最初の宿以外は何も決めない旅行スタイルでした。また一回だけ添乗員同行のパッケージツアーに参加したこともありましたが、せっかく高いお金を払って日本社会から離れてるのに、パッケージツアーは出発から帰国までがずっと日…

【子連れ海外旅行】バリ島 2018年1月 *LCCのエアアジアを使ってみた本音

バリ島まで、何と片道2万円! 今回のバリ旅行で使用した航空会社は、LCCのエアアジアX・インドネシア。成田〜デンパサール直行便の新規就航セールで片道2万円という、年末年始としては破格値だったので即決でしたが、不安もありました。今までの海外旅行でも…

【子連れ海外旅行】バリ島 2018年1月 *年末年始の海外旅行に掛かった全費用を大公開!

年末年始に海外旅行なんて...と思ったら、意外に安かった 2017年の年末から2018年の年始に掛けて、子どもたちとバリ島に行ってきました! 家族3人で 36.9万円(一人あたり 12.3万円) 年末年始に海外旅行をするのは、同時多発テロがあり航空券が激安だった20…

嫁さんの病気のこと 13 あの時のこと

家に帰り、子どもたちに晩ご飯を食べさせている時に家の電話が鳴った。病院からで、「奥様が危篤状態です。早く来てください」と。電話が鳴った瞬間に事態は分かっていた。この数週間、最も恐れていたことだ。すぐさま車で子どもたちと病院に向かう。 病院に…

嫁さんの病気のこと 12 あの日のこと

嫁さんは介護用ベッド、僕と息子がその隣に敷いた布団で寝ていたところ、夜中に嫁さんが足が痛くて寝られないと言い始めた。息子が嫁さんのベッドに行き、一緒に寝ることにしたが、足の痛みはだんだんと強くなっているという。 明け方にどうしても痛くて我慢…

嫁さんの病気のこと 11 自宅での最後の3日間

体力は弱っても、口と気は強いまま。介護用ベッドには絶対に寝ないと、3分くらい掛けて階段を上り、これまでのように二階で寝ることに。この根性はさすが。 やっぱり嫁さんは、我が家の太陽。家の中がパッと明るくなり、子どもたちも猫たちも嬉しそう。久し…

嫁さんの病気のこと ⑩2回目の入院

今回の入院がいつまで続くのか、退院できるのかも分からない。そんな中で嫁さんは入院初日に隣のベッドのおばあさんと喧嘩をしたとのこと。一晩中「私は死ぬんだ」とうるさいので、喧嘩になったとのこと。そんな元気があれば、2人とも直ぐにはお迎えは来ない…

嫁さんの病気のこと ⑨救急車

1月3日も朝から箱根駅伝を見ると、前日から嫁さんが張り切っていた。当日の朝は一人で早く起き出し、洗濯をしている音がかすかに一階から聞こえる。僕はウトウトしながら、下で何か物音がした気がしたが、また寝てしまった。また起きたのは、箱根駅伝の復路…

嫁さんの病気のこと ⑧ラスト・クリスマス

嫁さんの余命宣告を受けてからは、週2日だけ会社出勤、残りの週3日は自宅勤務となった。部長という責任ある立場でありながら、寛大な対応をしてくれた会社には感謝しても感謝しきれない。 僕が会社に行っている日は、病院の紹介でヘルパーさんが来てくれるこ…